喜怒哀楽の激しい人程注意|二重整形を失敗しない為に|綺麗を諦めない

二重整形を失敗しない為に|綺麗を諦めない

婦人

喜怒哀楽の激しい人程注意

婦人

笑顔に隠れている

笑った時などに顔がクシャッとなることはありませんか。これは表情じわと呼ばれるしわのひとつです。おでこや目の周りにできることが多く、意外にも若い世代にもできてしまう人はいます。本来なら表情を元に戻せば無くなるはずのしわが、まるで形状記憶合金のようにしわだけがその場に残ってしまう状態です。一度癖がついてしまうと、なかなか元には戻せないのが困りものです。一番にあげられる原因は、紫外線などによる肌の乾燥です。肌の内側にはコラーゲンやエラスチンという成分が存在し、細胞内にたっぷりの水分を蓄えています。そのおかげで肌はピンと張って程よい弾力を保っています。しかし、乾燥によりコラーゲンやエラスチンが減少してしまうと、しわを作った時に推し戻せなくなるのです。一度できてしまうと厄介な表情じわですが、次のような対策があります。

基本的な方法が重要

表情じわを治す対策としては、まず綺麗な姿勢を保つことです。悪い姿勢でいたりすると、表情を作る際に余計な力がかかってしまうからです。表情を作らないでいるというのは無理でも、自然な表情を心がけるだけでもだいぶ違います。無理に顔に力を入れないことが大事なのです。また、紫外線対策も重要です。紫外線自体には熱を持たないので気づきにくいですが、天気にかかわらずどこにいても紫外線を浴びてしまいます。特に外出する際には日焼け止めクリームなどで、しっかりと対策をとりましょう。深く刻み込まれてしまったしわには、クリニックでの治療が効果的です。保水力の高いヒアルロン酸注射ならば肌の内側から盛り上げてくれるので、しわが目立たなくなります。高い効果はありますが、時間が経つと効果が薄れてしまうので定期的に続ける必要があります。